カテゴリ:妊婦生活( 3 )

*この話は2003年9月頃の出来事です。

今度は血液検査をしに別の病院に行きました。
血液検査、レントゲンなどはそれぞれ専門の病院があるのです。
日本のように1箇所で全てが終わるというわけには行かないのです。

ということで、指定されたクリニックに行って、早速採血。
一体試験管何本分採るの???というぐらい血を抜かれました。
既につわりがあったのですが、あまりの血の抜かれように気持ち悪くなってしまったほど。

結果は自宅に郵送で送られてきます。これを持ってまた産婦人科医のところに行って、
結果を解説してもらいます。
こちらの血液検査は実に細かいものでした。HIVやダウン症の検査以外にも細かい
検査をしてもらったようです。 後に日本の病院でこの結果を見てもらった時に驚かれました。

因みに、こちらの血液検査約660ユーロ(約10万円)。
モンテナポレオーネ通りにあるお店でバックが1つ買えるお値段です(苦笑)。

次はその後の検診のお話です。
[PR]
by naoto-waka512 | 2006-10-23 19:45 | 妊婦生活
*この話は2003年9月頃の出来事です。

日本人ドクターにイタリア人の産婦人科医を紹介&アポイントを取って頂き、早速
クリニックに行ってみました。

紹介されたクリニックはプライベートクリニック。
そう、ミラノでもセレブな人が通うクリニックだったのです!
私が驚いたのは病院のシステム。エコー検査をする人、内診をする人は別々で、
勿論、それぞれ料金がかかるのです!

内診をして頂いたドクターがミラノ大学病院の偉い先生。
初老のおじいさんといった感じでした。
英語が出来ると聞いていたのに、殆ど出来ませんでした(笑)。
次回から会社の女性について来て頂いたのは勿論です。

妊娠をしていることは確認され、クリニックから血液検査を受けてきて欲しいと
言われました。そう、血液検査をする為に、別の病院に行かなくてはならないのです。
日本のように、全て1箇所では済まないのです!!
血液検査の為にアポイントを取って、この日はクリニックを後にしました。

因みに、この日の診察代はエコー検査が150ユーロ、内診代も150ユーロ。
計300ユーロ(約45,000円!!)でした。

次回は血液検査とその後のクリニックのお話です。
[PR]
by naoto-waka512 | 2006-08-08 22:50 | 妊婦生活
ミラノで妊娠した時の事を忘れずに書いていこうと思います。

私が妊娠したのは、2003年9月。

この年はヨーロッパは大熱波で、フランスで老人が沢山亡くなったりした夏でした。
ミラノでも何度も停電が起こったり、(イタリアは自国で発電をしていないので、フランスや
スイスから電気を買っているそうです。なのでものすごく電気代が高い!)暑すぎてお家に
いられなかったり・・・。

妊娠したかも・・・・・ということで、まず日本人のドクターの元を訪れました。
この方はミラノにいる女医さんで、イタリア人のご主人と結婚されています。
その先生から産婦人科の先生に紹介状を書いて頂き、予約まで入れてもらいました。

紹介して頂いたドクターは、ミラノ大学病院で産婦人科の教授をしている方。
しかもその先生が個人で開いているプライベートクリニックです。
イタリアはコネ社会なので、病院も紹介してもらった方が、いい先生に巡りあえるし、
対応もいいと思います。

次回はミラノでの初めての産婦人科クリニックについて書きたいと思います。
[PR]
by naoto-waka512 | 2006-08-01 16:15 | 妊婦生活